電子レンジでチーン

今どきの電子レンジはチンといわない

文句。

他人が握ったおにぎりは食べたくない。お祭りで出ている屋台の食べ物も食べたくない。
それと似たようなもので、よその家の家庭菜園の野菜が食べたくない。

おすそ分けは気持ちだけ貰いたい。毎回同じものばかりゆえに消費するのが大変なのと、量が多い。
趣味でやっているようなものより、商品として育てているひとの食べ物の方が、気持ち的には安心感みたいなのがある。


暑さでやられてしなびたゼロ円のサニーレタスより、コンビニで袋に入った100円のレタスのほうがいい。
たとえば家族が多い場合なんかは量があったほうがいいのかもしれないけど、ごくごくフツーの核家族にこんもりしたサニーレタスは、荷が重い。


会話するのがとても面倒くさい。
でも会話しないと行けない状況が多々あって、切羽詰まっている精神状態だからか、相手が言う冗談にものすごくイライラする。大概そういうときせっかちになっているので、話の要点が見えてこないと、頼むからさわりだけ言え!と心の中で発狂。

いろんな意味で心に余裕が無い。ギチギチに、ガチガチにかたまっている毎日をどうにか越えるだけ。
たまに人生楽しそうな人いるけど、ああいう人は何を考えているんだろうか?その人にもその人なりの悩みや葛藤なんかはあると思うけど、毎日ニコニコ笑顔でいられる人の余裕を少しだけ分けてほしい。